自閉スペクトラム症にまつわるエトセトラ

自閉スペクトラム症についての障害特性や支援に関する情報を発信していきます

スケジュールを作る時はカード化させるのがオススメである

 

 

前回の記事で、スケジュールを提示する際の方法について書きました。

 

大きく分類すると、具体物カード、2つに分けられます。

 

 

それぞれ、どのような特徴があるでしょうか?

 

 

具体物でスケジュールを提示する一番のメリットは、活動内容や目的がダイレクトに伝わるということです。

 

 

しかし、デメリットも多いです。

具体物の提示は、スペースをとります。カードのように、ボードに貼り付けることは簡単ではありません。

 

棚の中に具体物をいれるのも良いですが、そうすると、変更を伝える際の仕組みが少し難しさがでます。

 

つまり、できないわけではないですが、具体物でスケジュールを提示するというのは、スケジュール表全体を通して、それなりの工夫が必要ということです。

 

 

 

一方で、カードタイプでスケジュールを提示することについて、考えていきましょう。

 

カードタイプの最大のメリットは、変更事項を伝えやすい、もしくは、伝える仕組みが整えやすいということです。

 

カードタイプだから、当たり前ですね。

 

また、作る道具さえあれば、すぐに、何度でも準備ができます。

 

支援というのは、支援ツールの作成も含めて、ひとつの支援となります。

支援ツールがめちゃくちゃ難しい物で、自分にしか作れない物だと意味がありません。

 

誰でも同じように、簡単に、かつ、効果的な支援ツールを作れるのが良いということなのです。

 

 

 

なので、具体物よりはスケジュールカードを作成することを私はおススメしているのです。

具体物を使用したとしても、段階的にスケジュールカードへ移行させるというやり方が良いと思います。

 

 

では、スケジュールカードを作成しました。

一つ一つのカードは、縦長のボードに貼り付けてください。

 

そうすることで、スケジュール表が完成します。

 

 

そして、スケジュール表はどこへ貼りつければ良いでしょうか?

 

ご自宅や事業所で異なりますが、基準となる考え方は、周囲に本人さんが気になる物があまりなく、かつ、距離的に活動の中間地点が望ましいです。

 

スケジュール表は、一つの活動が終わると、またそこに戻り、次の活動場所へ行って、終わると、スケジュール表へ戻り、、、

 

の、繰り返しです。そういった形でスケジュール表は中継地点の役割となっているため、トランジッションエリアと呼ばれています。

 

 

なので、トランジッションエリアは本人さんが必ず通る所。

 

本人さんに伝えたい他の情報や、アクティビティシステム(詳細は別記事へ)もトランジッションエリアに貼っていくのも一つの方法です。

 

 

 

これがスケジュール表の作り方の基本となります。

 

 

今回はカードタイプと具体物タイプのスケジュールについてでしたが、例えばらお子さんが文字を読める場合であれば、ひらがなもしくは、漢字のスケジュールでも良いです。

 

 

その際は、必ず変更・追加・中止を伝えられる仕組みを作って下さい

 

今回の記事は以上となります。

 

 

次回は服薬についての記事を書こうと思います。

ではでは。