自閉スペクトラム症にまつわるエトセトラ

自閉スペクトラム症についての障害特性や支援に関する情報を発信していきます

特定の同級生と競うこだわりのケース

 

あろえです。

 

今回は、ツイッターのフォロワーさんのASDのお子さんの日常ツイートについて、私なりの考えを書いていきます。

 

ASDの障害特性の観点から行動の機能を考察し、それに関する構造化のアイディア等について書いていきますが、あくまでも、私なりの意見でありますので、実際のお子さんの状態や環境に合わせて、支えてあげていただければと思います。

 

 

ツイッターは

 

母ちゃんzさんです

@z72278602 

 

ツイートの記事はこちらです

 

https://twitter.com/z72278602/status/1174943823786414086?s=21

 

行動の内容として

 

ASDの娘が、同級生の動きが気になり集中できず、気になる同級生よりも早く支度をして帰りたいが、焦ってイスがちゃんとしまっていないことに注意をされて泣く。

時間が経つと、自分で切り替えることができている。気になる子とは、仲が悪いとか、そういったことはない。学校に慣れてきたからかな?

 

 

ツイートの内容が貼れないので、要約しました。

 

それでは順番に見ていきたいと思います。

 

娘さんの年齢が分からず、文章を見て小学生と仮定します。まず、同級生のお子さんが気になる、という本人さんの行動ですね。

 

たしかに、この部分の行動については、定型発達のお子さんでもあるような、誰かを敵視するという行動の一部にあるかもしれませんが、違った視点で見てみます。

 

 

おそらく、特定の同級生のお子さんばかりに注目しているようです。他にも、クラスメイトがいるはずです。

 

ASDのお子さんはシングルフォーカスです。

細部の情報ばかりに注意が向いてしまい、全体の様子を見るという傾向は少ないです。

細部といっても、様々なレベルの細部であります。

 

気になる同級生の体や動き全体を見ているのか、

その子が持っている鉛筆の種類を見ているのか、

とにかく、こういった見方をしている傾向があります。

 

ゆえに、いま娘さんは、その同級生の子に注意が強く向いている状態なのです。

 

 

次に考える特性が、社会性・対人関係の特性です。

 

相手の気持ちや、相手との関わり方に苦手さがあります。例えば、どのように関わればいいのか分からないから、「競う」ことが、本人さんなりに工夫をした関わり方なのかもしれません。

 

また、この特性が色濃く出ているお子さんは、

「順番に並ぶ・遊びのルール」の理解が難しいという傾向もあります。

 

1列で順番に並ぶというのは、社会が作り出した小さなルールです。しかし、その小さなルールという理解が困難なのです。

 

例えば、すべり台で遊ぶ場合でも、「1番はあの子が滑って、2番目はこの子が滑って、3番目は僕だね!」

 

といったようなルールではなく、

 

「すべり台に僕がきたから滑る!なんで、並んでるの!早くすべりたいよ!」

といったような具合です。

 

 

今回のケースをまとめると

同級生は、娘さんのことは何も気にしていません。

しかし、相手の気持ちや状況を理解することが苦手なので、同級生の子が全然気にせず、帰り支度をしているという状況の理解が困難です。

 

そして関わり方の苦手さも見え隠れしています。

どのように関わればいいのか分からず「競う」のです。一見、「競う」という見方でありますが、本人さんにとっては、「関わり」なのです。

 

その「関わり」に対して強く注意が向いてしまっているため、「イスをしまう」という本来の工程を忘れてしまい、結果、全然注意が向いていなかった「イスをしまっていない」ということに対して、突然教師に指摘され、それを失敗体験として捉えて泣いてしまった。

 

というのが、わたしの見解となります。

 

書きながら頭を整理してました。

対応等については、次の記事にかきます。