自閉スペクトラム症にまつわるエトセトラ

自閉スペクトラム症についての障害特性や支援に関する情報を発信していきます

行動の機能 誘発される

 

 

以前の記事で行動の機能について触れていきましたが、一番重要な機能については触れていませんでした。

 

それは、誘発されるという行動の機能です。

 

 

何か問題行動が起きた時に、アセスメントする際、どうしても、理由が分からない場合がある時があったとします。

そのような場合は、誘発された行動というのも、1つの選択肢となりえます。

 

誘発されるというのは、つまり、条件が揃うことで、以前起きた行動が同様に発生するということです。その条件とは非常に細かいと思います。

 

例えば、車に乗っていて、途中で突然泣き出したとします。もし、それが誘発された行動の機能として、なにが条件となっているのか?

特定の場所を走ったからかもしれません。

ラジオの特定の単語かもしれません。

 

誘発された行動の機能というのは、なかなか掴みにくいものです。

これは、長期記憶の特性が影響しているものであり、一度記憶したことは忘れないということです。なので、支援者は掴みにくいということになります。

 

もしも、要因わアセスメントするならば、1つずつ変化を与え、アセスメントしていきます。

例えば、ルートを変えてみる、人を一人ずつ変えてみる。車を変えてみる。ラジオのチャンネルを変えてみる。座席を変えてみる。といったようにします。

 

また、こういった少しの変化があることで、記憶がリセットする可能性もあります。

 

長期記憶の特性が強く出ているお子さんは、1つの行動に強く長く影響します。

ゆえに、良いことも長く学習していきます。そのため、何かのスキルや行動を教えるときは、初めから望ましいことを教える必要があります。

望ましくない行動を教えた場合は、切り替えるのは困難です。少しずつ時間を掛けて、変化させていく必要があるかもしれません。

 

いつも記事が飛び飛びで申し訳ないです。

気になる記事からぜひとも読んでください。

また、皆さんの身近な例もコメントください。

そしてたくさん共有をしていきましょう