自閉スペクトラム症にまつわるエトセトラ

自閉スペクトラム症についての障害特性や支援に関する情報を発信していきます

受容コミュニケーションの特性

 

先ほどの記事では、受容コミュニケーションの特性について触れようと思いましたが、いつのまにか、ずれてしまいました。

 

 

受容コミュニケーションとは、相手からの情報をどのようにキャッチするのか、ということです。

 

ASDの人は視覚的な情報をキャッチしやすいのですが、

そのなかでも、具体的にどのような情報がいいのか?

それをアセスメントする必要があるのです。

 

視覚で示す情報には、文字、イラスト、写真、具体物などがあります。

そのお子さんに人によって、どの情報が得意か異なります。

例えば、歯磨きを示す視覚的な指示があり、最初は「はみがきするよ」といった文字で情報を伝えるとします。しかし、それが伝わっていないようです。

次に、ネットでフリー素材としてあるような、かわいい男の子が歯磨きをしているイラストがあるとします。

f:id:aroeasd:20190919120514j:image

 

しかし、この指示では「歯磨きをするんだな」と関連づけることが難しいお子さんもいます。これも特性の中の1つですよね。

 

では次に、実際に歯磨きで使う歯ブラシとコップを写真にとり、それをラミネートしてカード化し、指示を出したとします。

しかし、写真の情報よりもラミネートの素材に注目してしまい、ずっとその触り心地を楽しむようにしていたとします(感覚の特異性)

 

それでは指示が全く入ってませんね。

 

では、実際に使っている歯磨きとコップを見るとします。これが具体物による情報提示の仕方です。

 

 

私が支援するなかで、時間を構造化するために、スケジュール表を必ず提示します。

f:id:aroeasd:20190919121750j:image※ネットから

 

そして、スケジュールカード1つ作るのに本人さんの特性を見極めて、文字にするのか?イラストにするのか?写真にするのか?具体物にするのか?を考えます。

この特性が受容コミュニケーションの特性であり、情報のキャッチの仕方となります。

 

上記の話では、視覚情報となりましたが、

私の事業所では、ある程度言葉を話し、支援者へ色々と話をしてくるお子さんがいます。

そして、そういったお子さんには、ホワイトボードを併用しながら私も話掛けています。

 

しかし、私が話をするなかで、受容コミュニケーションの特性が影響しているな、ということが多々あります。例えば、今日学校で何の授業をしたのか?昨日の晩ゴハンは何を食べたのか?

そのような質問をしても、全然答えられません。何の?という部分が抽象的であったりするからです。

 

例えば、「あなたが欲しいと思っている〇〇の本はあの店にないよ」といった場合には、もう、その店にはないから、つまりどこにも売っていないんだ。

といったように、こちらが意とする話とは異なり、独特に情報をキャッチしてしまいますし、字義どおりにそのままに解釈をしてしまうのです。

 

そのような特性が見られるお子さんには、いくら言葉で話ができるといっても、せいぜい、単発で分かりやすく、を心掛けましょう。

プラスして、文字情報やイラストなども活用しましょう。

ちなみにそのお子さんは、イラストを使って情報を伝えようとすると、「恥ずかしい」「いやだ」と言いながら、回避をしようとします。

ゆえに、文字情報を中心となり伝えています。

 

こういった本人さんのどんな情報が得意なのか?を知ることで、どのようにその子に伝えればいいのか?

が分かってくると思います。