自閉スペクトラム症にまつわるエトセトラ

自閉スペクトラム症についての障害特性や支援に関する情報を発信していきます

声掛けばかりの支援になってませんか?

 

私は放課後等デイサービスで働いていますが、日々支援をする上で注意していることがあります。

 

それは、声掛けだけの支援、声掛けだけで完結しないようにすることです。

 

 

家庭でも、ASDのお子さんと接するときに、声掛けというのはついついやってしまいますよね?

 

しかし、ASDの人は、言語指示に対して理解が困難です。そして、耳から入る情報よりは、目で見る情報の方がキャッチしやすいのです。

つまり、声掛けをしたところで、その場で理解したとしても、時間が経つとまた同じことを繰り返すなどとなってしまいます。

 

これは障害特性の1.受容コミュニケーションの特性の部分が影響していますね。

 

 

たしかに、声掛けというのは、楽ですし、ついついやってしまうのは理解できます。

 

では、どうすれば良いのか?

 

お子さんのその行動によって支援の方法は異なりますが、

 

例えば、家の中で、事業所の中で、学校の中で走るという行動が見られた時。

 

構造化のアイディアや対応の一例をあげます。

・見えるところに、「廊下は歩きましょう」とポスターを貼る

・いつも走る場所の途中に、パーティションを置き、走りたくても走りにくい環境にする(物理的構造化)

・「この区間を歩いたらポイントをあげます。」など、一定の箇所で望ましい行動をしたら賞賛をする場面を設定する(トークンシステムの活用、交渉)

 

 

そして重要なのが、そもそも走るという行動の機能が何なのかを知る必要があります。例えば

・走ることで、親や支援者に怒られる。見てもらえる。つまり、注目を獲得するための行動の機能であれば

→代替えの望ましい行動を教える。そして、その行動をしたら、注目してもらえるというのを教えてあげる。

 

・何か活動していて、ストレスを感じ、その場から離れたいという、逃避の機能であれば

→その活動は何か、提供をやめる。望ましい逃避の仕方を教えてあげる。(クッションに顔をうずめて叫ぶ、カームダウンエリアを設けるなど)

 

・欲しいものがあった。しかし、それをうまく伝えることができない。(好子獲得の機能)

→望ましい要求を教える。

 

 

といったように、走る行動1つとっても、機能は様々であり、その先の対応方法は様々ということです。

 

 

まず、声掛けではなく、視覚的な支援を優先に考えていきましょう。