自閉スペクトラム症にまつわるエトセトラ

自閉スペクトラム症についての障害特性や支援に関する情報を発信していきます

TEACCHの原理①

あろえです

 

TEACCHの原理①は、

 

自閉症の障害の本質は中枢神経系を含む器質的な問題であり、それが彼らの見る世界や状況の見通しに混乱や影響を及ぼしていること

 

でした。

 

よく、育て方が悪いからこうなった

 

と、言う人が周りにいると思います。

自閉スペクトラム症のことを学んでいる人なら、今の時代そのように言う人は少ないと思いますが、しかし、ご年配の方や理解のない人もいるのは事実ですし、そのように言う方もいます。そのような人たちへ自閉スペクトラム症のことについて説明するのは、非常に根気がいると思います。まずは、自分が知識をつけていくことが第一歩になると思います。

 

自閉スペクトラム症の子どもさんを持つ保護者さんの方には、育て方が悪いから、という思いは決して持たないでほしいと願います。

 

先天的な脳の障害だということ。そして、それにより、自閉スペクトラム症の人たちは、独特な情報の捉え方や感覚などを持ち、それが障害特性となって、日常で様々な様子を見せてくます。

 

障害特性については、様々あります。1つずつ学んでいきましょう。